[VSCode拡張機能]Stylusを使えるように(コロン:有無など) - language-stylus|2001Y.me

SublimeからVSVodeに移行しているので、VSCodeでStylusを使うためメモ。あと、せっかくStylusを使っているのでコロン(:)使わない方向性です。

基本的に language-stylus だけで完結

VSCodeを使っているうちにSublimeがエラーが出るようになって、使えなくなってしまったので、忘れましたが基本的に、VSCodeでStylusを使うためには language-stylus を入れるだけで良さそう。

他にもStylusの拡張機能もあるけど、ダウンロード数や更新数的に language-stylus が良さそう。live-stylusという拡張機能もあり、コンパイルまでできるかと思いきや、うまく動かなそう。

設定:コロン(:)なしのStylusにしたい

デフォルトではコロンありの補完になってしまうので、コロンなしにするためにVCCodeの setting.json に設定を追加する。

// プロパティと値の間の区切りに':'の使用
"languageStylus.useSeparator": false,
// 自動補完のStylus内蔵機能の一致を切り替える・EN: Toggle matches for Stylus Builtin Functions on autocomplete
"languageStylus.useBuiltinFunctions": true,
// カラープレビューの表示
"editor.colorDecorators": true,

setting.jsonの開き方

lightbox